ベジママとクロミッドを併用してよい?卵胞育たない噂は?

ベジママは葉酸・ルイボス・ビタミンなどが含まれた妊活サプリメントです。

 

ベジママにはピニトールという不妊症や糖尿病予防に効果が期待されている成分が含まれています。

 

この妊活サプリメントのベジママと排卵誘発剤のクロミッドを併用することについてはどうなのでしょうか?

 

ベジママ クロミッド

 

調べていきたいと思います。

 

 

ベジママはクロミッドと併用してもよいのか

 

クロミッドは排卵を促す排卵誘発剤で妊娠力を高めるものです。

 

ベジママ クロミッド

 

最初に結論を言いますと・・・

 

クロミッドと併用することで、排卵を促す効果が高まるので、併用して良いとのことです。

 

相乗効果があるというんです。

 

 

ベジママも妊活サプリメントで、葉酸やルイボス、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB1.B2そしてピニトールという成分が含まれています。

 

ピニトールはアイスプラントという植物に含まれている成分で、古来からヨーロッパなどで食べられてきました。

 

ほのかな塩味でミネラルが豊富なんです。

 

ベジママの会社は、ピニトールを国内の自社工場で作ることに成功しました。

 

ピニトールは、血糖値を上げ、体質改善を促します。

 

 

また、自律神経を整えたりして冷え性を改善するとのことなんです。

 

それらが妊娠につながっていくのですね。

 

ベジママ クロミッド

 

 

ベジママは不妊治療にも効果は期待できるのか

 

ベジママを飲んでいる人は、妊娠を望んでいる人が多いと思います。

 

それはベジママを飲むことで妊娠力が上がるからです。

 

妊娠力を高めたいなら、基礎体温を上げなさいといわれるくらいで、体を温めることが大切なんですね。

 

ベジママに含まれるピニトールは基礎体温を上げるのです。

 

ベジママ クロミッド

 

基礎体温が上がるということは、血行が良くなり冷え性が改善されるということです。

 

そして、基礎体温が上がるということは子宮や卵巣の働きが良くなって、妊娠力が上がるということです。

 

その他、月経異常なども改善され、排卵率が上がったということです。

 

その結果、妊娠しやすくなったということです。

 

 

また、多嚢胞性卵巣症候群にもよいということです。

 

ということはベジママは不妊治療に効果が期待できるということですね。

 

実際にベジママを飲んで、妊娠したという口コミもたくさんありますね。

 

 

>>>ベジママの公式サイトはこちら