ベジママの副作用を勘違いしている人が多すぎ!ずばっと一喝!

妊活サプリメントのベジママは人気がありますが、副作用などは無いのでしょうか?

 

ベジママ 副作用

 

少し前までは妊活というと、マカやイソフラボンといったものが良いとされていましたが、近年ではそれらは効果的とはいえなくなってきているんですね。

 

それで葉酸やピニトール、ルイボス、ビタミンなどの入ったベジママが人気になっています。

 

今回はベジママの副作用について調べていきたいと思います。

 

 

ベジママに副作用はあるのか

 

ベジママはサプリメントで、何かを治すとかいうことはありませんので副作用というのはありません。

 

しかし、過剰摂取は良くありません。

 

 

過剰摂取したために起こった症状を、副作用と間違ってとられた方もいるかもしれません

 

 

ベジママに含まれる葉酸は造血ビタミンで、厚生労働省からも妊婦や妊娠を望む人には推奨されているものです。

 

葉酸は冷え性を改善したり睡眠をよくとれるようにしたりし、基礎体温を上げるのです。

 

ベジママ 副作用

 

体が温まると体内バランスも良くなって妊娠しやすい体になります。

 

しかし、葉酸を過剰摂取すると食欲不振・吐き気・不眠症・むくみ・かゆみ・呼吸障害などがあらわれることがあります。

 

これでは大変なことになりますね。

 

何でもたくさんとればよいということではありません。

 

 

副作用のでないベジママの効果的な飲み方

 

ベジママに含まれる葉酸は過剰摂取すると食欲不振や吐き気・不眠症・むくみやかゆみ・呼吸障害などが起こることもあるんです。

 

サプリメントや薬を飲むときは、決められた量を守って飲むということが大切ですね。

 

 

葉酸は1日の摂取量が決められています。

 

ベジママも決まっているので、それを守るようにしましょう。

 

そうしないと効果が出るどころか、体の不調につながります。

 

 

ベジママに含まれるピニトールという成分はマメ科のアイスプラントという植物に含まれていて、昔からヨーロッパなので食べられてきました。

 

ベジママ 副作用

 

女性特有の体の調子をよくする働きがあるのです。

 

ピニトールが足りないと、妊活がうまくいきません。

 

ピニトールは不妊症や糖尿病の予防や改善に良いのです。

 

ベジママの会社はこのピニトールを生産するためにアイスプラントを国内の自社工場で栽培しています。

 

決まられた量を守ってベジママを飲んで、妊活しましょう。

 

 

>>>ベジママの公式サイトはこちら