げ!?ベジママ飲んだら尿が黄色い?大丈夫なのかぁ?

たくさんの成分が妊活に効果を発揮すると話題のベジママ

 

ベジママを飲んでいると尿が黄色になってしまって・・・

 

ベジママ 尿

 

こういう事がおこるとわかっている場合は安心なのですが、何も知らない人はビックリですよ!!

 

本当に自分の身体に異常が?と思うと不安になって妊活どころではありませんよね。

 

今回は、ベジママと尿の関係について調べてみたいと思います。

 

 

ベジママを飲むと尿が黄色くなる?

 

実際にベジママを飲んでいて、尿が黄色くなると質問をしている人もいます。

 

 

これは、ベジママに含まれているビタミンB群が関係しているのです。

 

 

ベジママを飲むと身体に良い成分の多くが体内に吸収される仕組みとなっています。

 

しかし、3度の食事+ベジママだと、どうしても成分が多くなってしまい、身体の中で吸収されずに余ってしまう成分も出てくるのです。

 

この時に余ってしまった成分のビタミンB群が多いほど、尿の色が黄色くなるのです。

 

ベジママ 尿

 

良い成分なので、全部身体に入ってくれるといいのに・・・。

 

と思う人もいるかもしれませんが、反対に過剰摂取になると又、調子も悪くなってしまうのです。

 

ベジママを普通に摂取していて尿が黄色い時には問題ありませんが、過剰摂取していて尿が黄色くなっている人は注意が必要です。

 

身体に蓄える成分もほどほどが良いという事なのですね。

 

何でも一緒ですよね!!

 

ベジママを飲むと尿が黄色くなるのは、ビタミンB群が関係している可能性が高いです。

 

 

ベジママと尿の関係から安全性は?

 

ベジママは、妊活の為のサプリメントなので、安全性には本当に徹底して作られています。

 

妊娠してから何かあっては、大変ですからね!!

 

尿が黄色くなったからと言って、ベジママの成分そのものに問題があるわけではないのです。

 

ベジママには、水溶性のビタミンB群が溶け込んでいて、これが尿に影響していると言われているのです。

 

ただ、関係していると言っても、余ったビタミンB群が尿に交じって排出されるだけなので、尿自体が影響を受けうる可能性もありません。

 

すなわち、尿が黄色いからと言って、自分の身体が病気の可能性は少なからずともないと言えます。

 

注意しなければならないのは、尿の色がオレンジ色や茶色い尿になった時なのです。

 

この色の違いは、目で見てもわかると思います。

 

こういう色になってしまった時には、早急に病院などを受診する事をおすすめします。

 

ベジママを飲んで尿が黄色くなっていても、安全性に問題がある可能性は少ないでしょう。

 

何をしても妊活が上手くいってない人や、これから妊活を始める人にも安全性の高いベジママはおすすめです。

 

 

>>>ベジママの公式サイトはこちら