ベジママは多嚢胞性卵巣にどのように作用するのか?悪影響はある!?

不妊症で悩む方たちにはいろいろな悩みや不安があると思います。

 

不妊症の原因となっているなかで多いのが多嚢胞性卵巣(PCO)、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)というものがあります。

 

多嚢胞性卵巣とは、卵巣を覆っている膜が厚くかたいので卵子が排卵しにくくなるものです。

 

そして、卵巣に卵胞がたくさんできる状態になります。

 

ベジママは、この多嚢胞性卵巣にも効果は期待できるのでしょうか?

 

ベジママ 多嚢胞性卵巣

 

調べていきたいと思います。

 

 

ベジママは多嚢胞性卵巣に効果は期待できるのか?

 

多嚢胞性卵巣の女性は全体の20%位いらっしゃるとのことです。

 

ベジママ 多嚢胞性卵巣

 

 

その症状とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

生理不順や稀発排卵、肥満体型、多毛、ニキビ、黄体機能不全などの症状があり、これらを多嚢胞性卵巣症候群というそうです。

 

検査で男性ホルモンが高いといわれることもあるそうです。

 

原因としては、肥満や高血糖、生活習慣などがあげられます。

 

高血糖になると、インスリンの濃度が上昇します。

 

そして、男性ホルモンが過剰に出たりし、法体系性ホルモンが高くなって多嚢胞性卵巣となるようです。

 

 

そのため、血糖値を下げる薬で治療したり、排卵誘発剤で治療したりします。

 

 

ベジママ 多嚢胞性卵巣

 

インスリンの濃度を改善すれば、排卵が正常になって来るとのことです。

 

排卵が正常になるということはホルモンバランスが正常になるということですね。

 

ベジママに含まれるピニトールという新成分はインスリンの上昇を抑える効果があるとのことです!

 

これは有効性が確認されています!

 

ですから、ベジママは多嚢胞性卵巣に効果が期待できるということです!

 

 

ベジママが多嚢胞性卵巣に効果があらわれるまでの期間は?

 

ベジママは多嚢胞性卵巣に効果があるということはわかりました。

 

しかし、ベジママは栄養機能食品であって薬ではありません。

 

いつまでに必ず効果があらわれるということは、個人差があるということです。

 

しかし、ベジママには、多嚢胞性卵巣だけにではなく、妊活中や授乳中に必要な栄養素がたくさん含まれています。

 

ピニトールをはじめ、葉酸やルイボス、ビタミンも豊富に入っています。

 

女性の体にとって大切な成分が入っているのです。

 

安心して妊活できそうですね!

 

 

ベジママ ピニトール

 

 

 

>>>ベジママの公式サイトはこちら